むくみは身体のSOS

 

むくみが起こる際に考えるべきなのは、単に不快な症状なのではなく、自分の身体が発しているSOSだということです。

 

疲労や冷えだけではなく、塩分や糖分、アルコールを過剰に摂取することでも、むくみは起こるからです。つまり身体が上手に分解しきれないほど、これらが体内に入ると、むくみという形で身体がSOSを発するわけです。

 

ですから日常的に濃い味付けを好んだり、過度にアルコールをたしなむことが多い方は健康を保つ意味だけではなく、不快なむくみを起こさないために見直しを行うべきです。

 

まず最初に少し経てば治るむくみのうちに、身体のSOSを理解し、悪化させないように心がけてあげることも大事なのです。確かに塩分や糖分は身体に適度なら必要なものですし、アルコールも楽しい気分にさせてくれるものです。しかし過度になれば身体には買いが出てくるという事実も受け止めましょう。

 

 

食生活や生活習慣の見直しをしてみましょう

 

 

アルコールを飲みすぎた後、二日酔いになるだけではなく、むくんだ顔になるのも、身体に故障が少しだけ出ていると認識しておくと、深刻な状態になることがありません。

 

濃い味付けを続けていることもやはり身体には負担が大きくなります。そこで自分の食べているものを見直すことも、健康を守るきっかけになるのです。

 

むくみという身体からのSOSをきちんと受け入れ、さらにその危険信号で回避させる工夫を行うことができるわけですから、単に不快なものとだけ思わないほうがおすすめです。

 

それに健康な状態であれば、少しずつむくみは抜けていきます。むくまない工夫をすることだけでも、むくみが抜ける時間が早くなるので、今の自分の食生活や生活習慣の見直しをしてみましょう。