むくんだ顔のごまかし方

 

できればむくみたくはないものです。

 

にもかかわらず、疲労がたまっているとき、楽しくてアルコールを飲みすぎたときなど、顔がむくんでしまうことがあるものです。

 

こんなとき、どのようにむくんだ顔をごまかすのかということも知っておくと、くよくよ思い悩むこともなくなるのではないでしょうか。

 

まずむくんでいる事実をどう対処するかがその日を快適に過ごせるのかを決めるからです。

 

たとえばむくんだ顔の変化を面白がるというスタンスでメイクを工夫することもカモフラージュする方法だと言えるでしょう。この際、自分の中からむくみが抜けるまでは自分の顔をどうとらえるかで上手に対処できます。

 

あるいは伊達メガネで顔全体をカモフラージュし、思い切ってメイクも眉だけにして、むくみが抜けるまで待つのも良いでしょう。

 

 

変化している自分を面白がる

 

 

色々なアイテムがあるわけですし、簡単にむくみを解消することは難しいわけですから、変化している自分を面白がるスタンスも前向きにむくみを対処する方法だと言えるのです。

 

生活習慣や食生活に注意を払っていても、体調によってはむくんでしまうものです。その日はまた自分を面白がる日と割り切って、カモフラージュも完璧に隠すよりも少しむくみがあることをわからせるほうが自分にもストレスが少ないはずです。

 

自己管理をパーフェクトに行っていても、むくむときはむくみます。

 

収れん効果のある化粧品を使っても、簡単には解消できないから、人間の身体は複雑で面白いと考えてみましょう。変化があってこそ、自分を毎日楽しめると思うくらい余裕を持ってみませんか?