目元のむくみは冷やすべき?

 

目元の疲れを感じされる症状としては、まずまぶたのたるみ、それとむくみです。

 

たるみに関しましては、目元のケアで次第に回復させられるものですし、あまりに回復が遅い場合は休息するしかありません。しかしまぶたのたるみでものが見えにくくなる眼瞼下垂という老化現象の場合だけは、プチ整形もおすすめです。

 

ではむくみはどういう対処ほうが良いのでしょうか?

 

良く行われている方法は冷やすことでむくみを解消する方法です。これはほどよくまぶたを冷やすことで、逆に血行をスムーズにさせて余計な水分の排出を促す方法です。

 

非常に効果的ですし、手軽でいいのですが、注意しないといけないこともあります。

 

それは目元の皮膚が薄いということを考えて、冷やすことです。ですから氷をタオルにくるんで行うのは、実際には冷たすぎるので皮膚の負担が大きくなってしまいます。

 

 

過度に冷やすのはおすすめできません

 

 

目的は目元の血行促進であって、過度に冷やすのはおすすめできません。

 

若干、時間がかかりますが、使い終わった紅茶のティーバッグを冷蔵庫で冷やして使うという古典的な方法は疲れ目にも効果的です。加えて紅茶の中に含まれているカフェインにある収れん作用で、まぶたのむくみを効率よく解消してくれるのです。

 

紅茶のティーバッグがない場合、収れん効果のある化粧水をコットンに含ませて冷蔵庫で冷やしたものでも構いません。

 

冷やす場合は「ちょっとひんやりして気持ちいい」が目途です。冷やし過ぎはむくみを解消するより、目元の負担が大きくなるので注意し投げればなりません。

 

まずは目元のむくみを解消させるために急ぎ過ぎないことも重要なので、忘れないようにしましょう。