食欲がないときにどうする?

食欲がないときにどうする?

 

暑さのあまり食欲がわかないままでいると、もっと減退してしまい、夏負けに陥る危険があります。そのため食欲が減退しているときでも、やはり食べる工夫、栄養を補給する工夫をしなければなりません。

 

理想を言えば、きちんとビタミン類、ミネラル類、脂質、糖質、タンパク質とバランスよく摂取したいものですが、食欲がわかないときはそれよりも食欲を回復させること、そして栄養補給をとにかくすることが先決です。まだ具材を乗せた冷たい麺類なら食べられるならいいのですが、もうそれも嫌な場合も考えましょう。

 

このとき意外と効力を発揮してくれるのは味噌汁と甘酒です。

 

味噌汁は簡単にタンパク質が摂取できますし、冷えて夏負けしている場合なら一気に内臓を温めるので、回復する役割を十分果たしてくれます。わかめや豆腐を入れたものならさらにいいですね。

 

またナスやホウレンソウなどの具材にするものを火に通し準備しておけば、お椀に出汁と味噌を入れた中にお湯を差すだけで味噌汁になります。

 

食欲が減退している際におすすめの食品

 

 

また甘酒というと雛祭りで飲むというイメージが強いかもしれませんが、俳句や短歌では夏の季語になっているように、本来は夏に飲むものです。その理由は簡単に栄養が補給できる飲み物で、夏負け対策には非常に向いているからです。

 

味噌汁と甘酒に共通しているのはどちらも発酵物が含まれ、腸内環境から身体を整え、立て直して食える働きがあることです。そのため夏負けしそう、あるいは夏負けし、食欲が減退している際におすすめの食品というわけです。

 

言い換えてみますと、身体に負担の少ない栄養ドリンクともいえます。

 

理想を言えば暖かい状態で飲むことがおすすめですが、熱を持ったものをふうふう言いながら飲むのは辛い場合は、飲みやすいように冷やしても構いません。

 

特に食欲が減退しているときなら、冷やしたものの方が口当たりものど越しも良いでしょう。