夏野菜のパワーで夏負けを予防

夏野菜のパワーで夏負けを予防

 

真夏ならではの味覚が夏野菜ですよね。色が濃く、また鮮やかで、夏にしか味わえないあの美味しさを楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

 

この夏野菜は夏負けを予防する栄養素が多く、調理方法を工夫すれば、かなり効果的な夏負け予防のための食材になります。

 

ゴーヤの栄養素は特に強い日差しを受けた際に起こる身体や肌へのダメージを回復させる効果がありますし、ナスやトウモロコシ、カボチャなども身体が疲れているときに回復させる効果を持っています。またオクラは疲労回復に効果を発揮してくれる夏野菜です。キュウリは涼感を与え、老廃物を排出させてくれます。

 

ですから暑さに厳しい時期に夏野菜を食べるというのは夏負け対策には効果的なのです。ただし調理方法をうまく行うようにしないと身体に欲しい栄養素が十分吸収されないことも覚えておきましょう。

 

たとえばビタミンAは油溶性のビタミンですからオイルを使用して食べることが重要です。

 

それを考えるとゴーヤチャンプルはオイルを使い、豆腐でたんぱく質を補うわけですから、まさしく夏負け対策にはよくできた料理だといえます。

 

 

夏野菜は意識して摂るようにしましょう。

 

 

どうしても夏の暑さで食欲を失いがちですが、夏野菜は意識して摂るようにしましょう。これだけでもかなり夏負け対策になります。調理方法も自分に簡単で栄養素を上手に吸収できるようにしてみるとさらにいいですよ。

 

たとえばカボチャのポタージュを作ったら、あえて冷やしておいて冷たいスープにしておくと、食欲がわかないときでものど越しが良いものです。

 

暑さが本格的になってきたら、夏野菜も旬になります。美味しく食べて、夏負けに対抗しましょう。