夏こそ内臓を冷やさない

夏こそ内臓を冷やさない

 

暑さ本番の真夏日などは本当に身体を芯から冷やしたくなるものですよね。とはいえ内臓だけは冷やさないようにすべきなのが、夏負けを避け、予防するポイントです。

 

冷えると身体の動きが悪くなるように、内臓も冷えると働きが悪くなって、本来の機能を発揮してくれません。すると身体が次第に弱っていきますから、夏負けしてしまうのです。

 

特に腸は冷えるとてきめんに本来のしなやかな動きができなくなるだけではなく、毒素排出や栄養吸収も十分できなくなるので注意が必要です。

 

では夏負けを避ける冷えを治し、温める方法はといえば、基本的には食材を加熱して食べること、身体の中から温めるネギやショウガといった食材をこまめに取ることです。ですからそうめんの薬味にネギやショウガを加えるのは理にかなっているわけです。

 

ナスやトマトをはじめとした夏野菜の多くは身体をほどよく冷やす効果がありますが、加熱して食べると、冷えが蓄積しませんし、必要以上に身体を冷やしません。

 

ですから生でトマトを食べる反面、トマトソースのように加熱して食べる方法も毎日のメニューの中に取り入れていきましょう。

 

 

お湯に浸かる習慣を付けましょう

 

 

また冷え性に普段からお悩みであれば、冷たい飲み物も控えたほうが良いですね。冷たいビールを楽しむなら、身体を温める食材をおつまみに摂りましょう。

 

暑いとシャワーでさらっと済ませたくなりますが、身体の内部を温めるためにはやはりバスタブでのんびりする時間も必要です。ぬるめのお湯であれば温水プールに入っている感覚で楽しむことができます。

 

またバスタブのお湯の水圧でむくみも緩和されますから、むくみやすい悩みもあるという方はお湯に浸かる習慣を付けましょう。

 

生活習慣の基本に内臓を冷やさない工夫をしていけば、夏の間も元気でいられますし、夏が終わってからがっくりと体調を崩すこともありません。