気温の差を上手に乗り切ろう

気温の差を上手に乗り切ろう

 

夏負けの意外な敵、というよりも、多くの方が対策を考えていると言っても良い夏の悩みは室内と外の気温差です。特にエアコンが利いたオフィスと外回りが仕事になっている方には大きな問題でしょう。

 

また内勤の方でもエアコンで寒いほどになっている室内からめまいがするほどの外気温の差で体温調節がうまくいかなくなってしまうこともあります。そのため夏負けを起こしてしまうという問題は大きいのが現代の夏なのです。

 

体温が多少上昇しても、汗でなんとか調節がなされますが、涼しすぎる環境から一気に暑過ぎる環境に行くという繰り返しではうまく体温調節もしきれないというわけです。人間の身体は精密にできていますが、あまりにも急激な気温差に対応しきれないという部分にも夏負け対策として考えなければなりません。

 

この室温と外気温をうまく極端にしない工夫をするには、自分の体温調節機能に頼るだけではなく、羽織るものを常に用意しておく、汗をかいた衣類の着替えを用意しておいてうまく着替えるということも方法の一つです。これは実際に行っている方も多い方法なのではないでしょうか。

 

 

身体を冷やさないものを摂るという方法もおすすめ

 

 

また室温と外気温の差をうまく埋めるようにするために、室内の涼しすぎる環境では身体を冷やさないものを摂るという方法もおすすめです。

 

たとえばカフェインの含まれている飲み物や夏の定番の麦茶は身体を冷やす効果がありますから、ノンカフェインで身体を冷やさないハーブティーに切り替えてみましょう。自分の好みの味や香りのものであれば何でも構いません。

 

また足元の冷えは夏負けを起こす引き金になるので、涼しすぎる室温の中ではルームシューズや靴下など足を冷やさないものを利用してもいいですね。

 

暑さを感じたら脱げるものを常に着ていることも、夏負けと気温差に勝つ方法です。