水分補給はのどが渇く前に

水分補給はのどが渇く前に

 

夏負けしないで過ごす秘訣は体温調節をうまくすること、そして水分補給をこまめにおこなうことです。特に夏は汗をかきますし、汗をかいた実感がなくても皮膚からも水分が蒸発し、身体はいつも水分不足に陥りやすい傾向があるのです。

 

そのため水分補給が夏負けを避けるためにはカギになってくるのです。

 

もともと人間の身体の本来あるべき水分量から5%失われていくだけで、身体は不調を感じていくので、理想を言えばのどの渇きを感じる前に水分補給を行うことが暑い季節は欠かせなくなってきます。ですからこまめに水やお茶を飲んで、体内の水分量を理想的な量に保ってあげることも夏負けを避ける秘訣です。

 

とはいえあまりにも酷暑ですと、水やお茶では水分補給ができても、すぐに出ていってしまい、くわえて電解質が不足しやすくなります。そのため酷暑の時期はできればスポーツドリンクを常備しておくことをおすすめします。

 

 

お茶や水で水分補給を行い、定期的にスポーツドリンクを飲む

 

 

スポーツドリンクは電解質になるナトリウムやミネラルを含むと同時に疲労回復に役立ち、のどの渇きをうまく解消する糖類が含まれています。そのため暑さで夏負けしそうだと自覚しているなら、スポーツドリンクを飲むことで回避できます。また熱中症のリスクもかなり低下させることができるのです。

 

そこでスポーツドリンクでも自分の好みの味のものを見つけておくといいですね。軽い味わいのものもありますし、甘さ控えめやフルーティーな味わいに仕上がっているものもあります。

 

スポーツドリンクを頻繁に飲むことはカロリー過多になりやすいので避けるべきですが、ほどよく飲むことは夏負けと熱中症を避けるために欠かせません。

 

通常はお茶や水で水分補給を行い、定期的にスポーツドリンクを飲むという形での方法が夏負けを避ける良い方法です。