いい汗をかく習慣で夏負け予防

いい汗をかく習慣で夏負け予防

 

もしも汗がべたつくようであれば、少し生活習慣を見直すとともに自分のストレスケアを考えるべきことです。この段階で注意し、改善しておくと、いい汗のかき方ができて、夏負けを回避できます。

 

まず汗がべたつく、また体臭が酷くなりやすいという場合、体内でトラブルが起こっているサインと考えたほうが良いのです。そのサインはやはり身体の冷えです。これは太っている方でも、やせている方でも変わりはありません。

 

そこで一気に汗を良いものに変える工夫としては食事内容を見直すこと、睡眠不足を解消すること、適切な運動を続けることがいい汗のかき方をさせてくれます。一気に大量の汗をかいたら、速やかに汗と汚れを洗い流せば次第に汗の質も変わります。また食事内容を栄養バランスのいいものに変えていけば、内臓から整って正常な働きを再開します。すると嫌なニオイが出にくくなるのです。

 

自分の汗が嫌なものである場合、目安になるのはべたつくかどうかです。今、もしも、べたついているなら、生活習慣の見直しとともに食習慣も見直しましょう。

 

 

嫌なニオイの原因にもなる

 

 

また肝心なのはストレスケアです。

 

ストレスは適度であれば刺激なので欠かせませ。しかし多過ぎるのも問題です。多過ぎれば体内でエネルギーが不完全燃焼を起こしてしまい、嫌なニオイの原因にもなるのです。いうなれば夏負け前の問題でもあります。

 

そこでいい汗に変えつつストレスケアも同時に行うなら、ストレス解消方法を探すより簡単なのはバスタイムです。この時間だけは自分のボディケアに集中するのもいいですし、ただぼんやりぬるめのお湯に浸かっているのもいいでしょう。

 

すると気分がまずすっきりしてくるでしょう。すると体内の働きも正常に行われ、嫌なニオイも解消できます。さらにお風呂上りにお気に入りの香りのオーデコロンを使うと、爽やかさが持続します。