ほどよく身体を冷やす方法

ほどよく身体を冷やす方法

 

身体に夏がこもってしまいがちなのが夏です。この熱がこもったままでいると、やはりいくら身体に冷えは禁物と言っても、夏負けを起こしてしまいます。

 

そこでほどよく身体を冷やすことも快適に夏を送るポイントになります。ただ冷やす方法にも注意点があるので、ここは守ってください。

 

あまりにも暑いとき、つい全身を冷やしたくなってしまいますが、実は全身を冷やすと身体の内部も冷えすぎてしまい、あまりおすすめではありません。

 

そこで夏負けしないレベルで冷やす方法には血管が集まっている部分を上手に冷やすことです。その欠陥が集まっている部分を上げていきますと、まず首、次に脇の下、そして足の付け根です。この部分を集中的に冷やすだけで、身体にこもった熱はかなり快適に下げられます。

 

とはいえ氷をそのまま当てても、水が滴ったりして後始末が困りますよね。そこでおすすめなのは発熱時に使用する熱さまし用のシートです。ひえピたや熱さまシートという商品名で出回っているこれを上手に使いましょう。

 

 

行水もおすすめの方法

 

 

貼り付けてしばらくはあまりひんやりしませんが、徐々に効いてきて、効果的に身体にこもっている熱をさましてくれます。すると体温も適度になり、ほどよく身体も冷やせるというわけです。

 

またパーツで集中的に熱を逃がしていくので、身体で冷やしてはいけない部分を冷やすというリスクも避けることができます。エアコンに頼り過ぎないで上手に身体を冷やす方法を選んでおくと、夏負けを避けることが可能です。

 

加えて身体をほどよく冷やす方法には昔ながらの行水もおすすめの方法です。汗が取れて気分も良いですし、なんといっても気分がさっぱりとします。休日はこのようにして暑さを避けるのもおすすめです。