不眠が夏負けをさらに悪化させる

不眠が夏負けをさらに悪化させる

 

暑くて寝苦しい。そのため不眠気味という方は夏負け予備軍と言ってもいいですね。安眠を妨げている分、人間は体力を消耗します。睡眠時に体力を回復させたり、身体の損傷を無意識に補修しているわけですから、その時間が削られると、夏負けしやすくなってあしまうのです。

 

そこで安眠するための工夫も夏負け対策では考えるべきなのです。

 

とはいえタイマーをかけてエアコンをかけるだけでは、寝苦しさが解消できなかったり、また逆に睡眠中に冷え切ってしまい、夏負けの原因になることもあるので注意が必要になります。

 

理由は睡眠中、体温が下がっていくからです。これでは長引きやすい夏風邪をひく原因になってしまう益代ね。

 

そこで寝具を工夫してみましょう。

 

 

安眠グッズをうまく利用してみる

 

 

今、出回っている安眠グッズをうまく利用してみると、意外なくらい気持ちよく、またほどよくひんやりした感触があって安眠を得やすくなっていきます。冷感パッドやシーツ、また冷やして使う枕や保冷パックを枕に使う方法は安眠を約束してくれますよ。

 

またパジャマも肌触りが良く、汗を逃がすことで、肌触りが長時間さらっとしているものを着て眠るのも良い方法です。

 

寝具の工夫だけでもかなり心地よい睡眠時間を確保できるようになるものです。

 

加えて意外なところではアロマオイルを使う方法です。自分に心地良い香りを使うだけではなく、ミントのように肌に使うと清涼感を得られるものを併用してみましょう。するとすっきりした気分で眠ることができます。

 

夏負け対策の中に不眠を避ける工夫を行うことで、かなり安眠を得られます。方法は色々ですが、自分にとって簡単な方法を選んで実行してみましょう。