安眠を得るための工夫を

安眠を得るための工夫を

 

夏負けしない生活習慣の中には良質な睡眠、つまり安眠を確保することも重要です。

 

ただ熱帯夜などが続くと、睡眠を妨げられますし、かなり体力も消耗します。そこで睡眠時に涼感を得るための工夫をしましょう。この涼感を得られるアイテムを用意し、工夫することで熱帯夜でも気分よく睡眠が取れるはずです。

 

たとえば寝具に関して言いますと、涼しさを持続させてくれるジェルパッドを使用してみるのもいいですし、パジャマも素材を汗の吸収と発散を上手にしてくれるものに変えるのもおすすめです。よくパジャマをTシャツとスウェットにしている方もいますが、汗を吸い取ってはくれるのですが、肌に貼りつきやすく、あまり夏場のパジャマには向いていません。意外とコットンでさらっとしたものが夏は快適にさせてくれます。

 

夏負けを避けるために寝具からパジャマを涼しさを持続させてくれるものに変えて、上手に眠りやすい状態にしてみましょう。睡眠不足は夏負けとセットになっているも同じですから、睡眠時間の確保というだけではなく、睡眠の質にとことんこだわりましょう。

 

 

ある程度は体温を維持するようにする

 

 

ですから節電が叫ばれていますが、エアコンで涼感を部屋に満たしてから寝るようにしてもいいのです。それに最新型ですとかなり節電対策がなされています。エアコンが苦手、という方の場合は涼感を与えてくれるミントのオイルを軽く肌に伸ばしたり、氷枕を使う方法もあります。

 

ただ注意したいのは眠りに入ると体温がぐっと下がっていくことです。

 

そのためある程度は体温を維持するようにすることも夏風邪から夏負けというルートを避ける工夫です。パジャマすら着ているのが煩わしい暑さであっても、やはり裸で寝るよりはパジャマを着て、薄い快適な掛布団やタオルケットをかけて眠りましょう。