エアコンにときには頼る

エアコンにときには頼る

 

「表面だけがずきずきするほど冷えていく感じがしてエアコンが苦手」

 

あるいは

 

「毎年、エアコンが涼しいというよりも、寒く感じるので耐えきれないから辛い」

 

とおっしゃる方も多いものです。特に女性で冷え性気味であれば、効き過ぎたエアコンは敬遠したくなるでしょう。また高齢者になってくると体温調節がうまくできなくなりますので、やはり急激に涼しくなっていくエアコンを好まない方も多いものです。

 

そこで夏負けの原因にエアコンを考えている方も多くいて、エアコンで涼を取るのではなく、扇風機やうちわ、扇子で起こる風で取っている方も多いですよね。確かにこうした風は心地良いですし、一見、身体への負担が少ないように思われます。

 

ところが人間が扇風機などの風で体温上昇をほどよく押さえきれるのは気温が30度までなのです。それ以上の気温になると、身体が十分なコントロールができなくなってしまい、熱中症になる危険もありますし、逆に熱さによる夏負けを起こす危険があるのです。

 

そのためエアコンを上手に頼ることも、夏負けを避けるためには欠かすことができなくなってきています。

 

 

一気に室温を下げるのではなく、設定気温を高めに

 

 

エアコンが普及していない、しかも地球も温暖化していない時代であればエアコンなしでも十分暑さを乗り切れたのですが、現代はそういう穏やかな暑さで夏が過ぎていく時代ではなくなってしまいました。

 

事実、熱中症で緊急搬送される方の多くはエアコンを嫌って気温30度を超えてもそのままであったり、体温上昇についていけずに夏負けを起こす方もエアコンを毛嫌いしている方が多いのです。

 

ある程度は割り切ってエアコンに頼ることも熱中症を避け、夏負けを防ぐコツです。室内気温を把握し、必要になったら頼るようにしましょう。

 

一気に室温を下げるのではなく、設定気温を高めにしておけば、「寒くて嫌だ!」となりません。