朝の余裕が1日の余裕を作る

朝の余裕が1日の余裕を作る

 

朝は慌ただしく時間が過ぎていく、というイメージがありますよね。ところが早起き生活を習慣にしていくようにしてみると、意外とのんびりできることに気が付くでしょう。実は早起きする分、身体も脳も早くに動くようになりますから、準備もあれこれ手間取らないようになるからです。

 

いうなれば早起きでできる朝の余裕が、朝の慌ただしさをのんびりしたものに変えられるというわけです。早く起きた分、時間的にも余裕が生まれますから、結果的には朝に支度したことは、1日の中で余裕を持たせてくれると言ってもいいでしょう。

 

たとえばオフィスに勤務しているのであれば、それなりに支度をしますよね。その支度によって朝が慌ただしくなってしまいます。でも早起きしておくと、時間的に余裕がありますし、身体や脳が動けるようになる時間も短時間で出来上がります。そうするとかなりのんびりとした朝の時間を過ごせるようになります。

 

そこで早起きが苦手であったら、そこから修正していきましょう。朝起きるのが辛い理由が単に夜更かしが原因ならその習慣をやめてみることも大事です。

 

 

早起きと低血圧はあまり関係がありません

 

 

しかし貧血になっていると朝が辛くなります。そこで鉄分を上手に摂る食事メニューで徐々に貧血を治していくと、快適な朝になってきます。

 

なお低血圧だからと朝起きるのが苦手という方もいますが、早起きと低血圧はあまり関係がありません。低血圧よりも貧血を疑ったほうが良いですね。

 

まず朝の時間に余裕を持つという心の安心感で、1日も余裕を持てるようになれます。心の準備のためにも早起きは有効なのです。

 

早起きを習慣化させる工夫を自分なりに行ってみるようにしていけば、自分から早起きできるように、身体も脳も整っていきます。余裕のある朝が1日を有意義にしてくれるのです。