睡眠時間と早起き

睡眠時間と早起き

 

短時間の睡眠でも早起きが平気な方と、長時間眠らないとうまくいかない、という方がいます。これは個人差としか言いようがありません。

 

6時間以下の短時間の睡眠でも安眠できて、十分、脳も身体も休息できるタイプはショートスリーパーと呼ばれています。

 

それに対し、7時間以上の長時間の睡眠を必要とするタイプの方は、ロングスリーパーと呼ばれます。

 

無理をしてショートスリーパーになる必要もありませんし、ロングスリーパーになる必要もありません。睡眠時間のことを考えると、ロングスリーパーは損をしているように感じてしまうかもしませんが、結果的にはショートスリーパーは起きている間に数回にわたって休息する時間を取ることで脳や身体のバランスを整えているので、時間的には差がなくなっていくからです。

 

早起きもショートスリーパーの安眠時間であれば十分ですし、ロングスリーパーであれば安眠に割く時間を上手にスケジュールの中に作るようにしてみましょう。

 

 

安眠を許す環境を自分で作り上げてみましょう

 

 

どちらにしても、安眠できていれば、速やかに気分よく早起きができます。そこで自分で、就寝する環境をうまく整えて、重要な睡眠を上質にしてみるのも、早起きを上手に実行するコツです。

 

「いつまでも眠っていたい」と思うほど、環境が整っていると、意外と目覚めも爽やかです。おまけに早起きをすることにプレッシャーも感じません。そこで睡眠時間の充実をはかるため、香りでもいいですし、好みの感触でもいいですから、安眠を許す環境を自分で作り上げてみましょう。

 

早起きを上手に行うためには、上質な睡眠も深く関係してきます。これはショートスリーパーでも、ロングスリーパーでも同じことです。