早起きした際に付けたい習慣

早起きした際に付けたい習慣

 

早起きに際して、必ず身につけておきたい習慣があります。それは「そんなことなの?」とあきれるかもしれませんが、朝食を摂ることです。

 

夜間から睡眠中は身体は断食状態にあり、活動するためにはエネルギーが必要です。そのため朝食はそのエネルギー源になるので、欠かすことができません。たとえダイエット中で摂取カロリーを気にしていても、朝食は抜いてはいけません。

 

早起きする意味は朝のさわやかさを楽しむだけではなく、ゆっくりと好みの朝食を楽しんで、1日のエネルギーを与えることも目的です。

 

よくダイエットしているから朝食を抜くという方もいますが、夕食を抜いてもさほど問題はないのですが、朝食を抜くのは逆にやせにくい身体にしてしまいます。それに朝食の摂取カロリーのほとんどは1日で使い尽くされてしまいます。ですから朝食のカロリーに過敏になる必要はないのです。

 

それに朝食を食べておけば、昼食を取り損ねてもなんとかなります。

 

とはいえ早起きは得意でも、朝に食欲がないという方もいますよね。

 

 

お好みのフルーツでエネルギーを自分に与える

 

 

そんな方はお好みのフルーツでエネルギーを自分に与えるのがおすすめです。特にバナナはエネルギーになりやすい上に食物繊維も豊富なので、朝食向けだと言えます。フルーツにナッツもそこにプラスするとなおいいですね。

 

またヨーグルトなどの乳製品はカロリーも適度に摂れる上に整腸作用があり、朝に身体をリセットさせたい方におすすめです。

 

また目を覚ます意味とエネルギー補給として、大きなカップでのんびりとハチミツを入れたカフェオレを飲むことで朝食にする方法もあります。

 

ダイエットの最中であっても、早起きと朝食はセットに考えましょう。

 

早起きしてのんびり朝食を摂る余裕が1日をうまく過ごすための素晴らしい時間になります。