メイク崩れさせないコツも早起き

メイク崩れさせないコツも早起き

 

気温が高くなって、湿度も上がるとメイクが崩れやすくなって困るものです。

 

とはいえ早起きを行うことで、メイクを崩さないように行うことが可能になります。理由は起きてすぐの肌はどちらかといえば不安定ですが、起きてから洗顔を含めたスキンケアでその日の肌のコンディションが把握できるからです。

 

皮脂浮きが気になる日もあれば、乾燥が気になる日もありますよね。早起きをしておくと、その把握が早いわけです。

 

人間は毎日、同じ状態でいられないので、自分の変化に無意識ですが対応しながら生きているものです。メイクに関しても同じことを自覚しておくと、崩さないメイクが可能になってきます。

 

洗顔し、スキンケアを終えてから、肌が落ち着くのを待ちましょう。その間はのんびりと目が覚めるお茶やコーヒーを飲んでもいいですね。すると肌の土台を作る上で、どんな下地を使えば良いのかも把握できます。

 

土台がしっかりしていれば、メイクを崩さないでいられるというわけです。また仕上がりも断然、きれいにできあがります。

 

 

メイク直しの回数も減らすことができます

 

 

皮脂を抑えるタイプの下地を部分的に使うべきか、保湿効果のある下地を使うべきか、早起きすると肌は教えてくれるものです。もともと下地はメイクを崩さないためにあるわけですから、目的に合っていればその役割を果たしてくれます。

 

また土台がしっかりできたメイクなら崩れにくいので、メイク直しの回数も減らすことができます。つまり面倒な想いをせずに済むというわけです。

 

もっとメイク崩れを予防したい場合は、早起きした特権として時間があるので、崩れては困るアイメイクや眉メイクを崩さないようにマスカラコートやアイブロウマスカラを使って整えてもいいですね。

 

これらもマスカラが完璧に乾いた状態でなければ効果を発揮しませんから、やはり早起きは三文の得です。