気分よく起きるために

気分よく起きるために

 

早起きをするにあたって、やはり気分よく起きたいものです。爽やかな気分であれば、目覚めもスムーズですし、朝の準備も速やかに行えるでしょう。

 

そこで目覚めを気分よくするコツも自分なりにつかんでおくことも、早起きを習慣化させるためには必要になります。

 

そのコツは睡眠時間が自分に合っている長さでコントロールされているか、睡眠の質は良いか、も重要な要素になります。まず睡眠の質が良くないと長時間眠っても、目覚めが辛くなってしまうからです。

 

早起きのためには睡眠の質を上げる工夫を行うと、あっさりと早起きができるようになります。そこで寝酒などで強引に眠りつけるのではなく、リラックス効果の高い、加えて味が香りが好みのハーブティーをのんびり飲む方法がおすすめです。

 

また枕などのリラックス効果のある香りを軽く付けておくと、心地良い眠りを約束してくれます。すると気分よく早起きもできるのです。

 

香りによって睡眠は上手に取れますし、逆に言えば香りの効果で早起きした際に気分をしゃっきりもできるのです。そこで自分の好みの香りを見つけ、使い分けることも早起きを気分よく行うコツになります。

 

 

早起きさせるため避けたいこと

 

 

まず目覚めを良くさせることが早起きでは一番大切ですから、心地よく目覚めを迎えられるようにあれこれ工夫してみましょう。

 

香りに頼るよりも、就寝前に軽くストレッチを行い、血流を良くさせると寝つきが良い、という方なら、それが自分に合った方法です。

 

ただのは、就寝前に何か食べること、お酒を飲み過ぎること、タバコの吸い過ぎです。これらは安眠を妨げ、寝起きを辛くしてしまいます。

 

上手に眠れれば、早起きも気分よくできるようになります。またそのコツをつかんでいるのは自分自身ですから、自分に心地よい方法を見つけてください。