貧血気味だと寝起きが辛い

貧血気味だと寝起きが辛い

 

「低血圧だから早起きが苦手」という方も少なくないですよね。

 

ところが最近の研究では早起きの辛さと低血圧には関係がないことが判明しています。事実、低血圧であっても早起きが得意な方もいます。

 

ですから低血圧=朝に弱いというのは迷信だと断言してもいいですね。

 

それよりも朝に弱く、早起きが難しいという悩みがある方は血圧よりも貧血を疑ったほうが良いでしょう。ヘモグロビンなどの酸素を体内に送り続ける物質が低下し、鉄分が低下していることで貧血が起こりますが、なかなか身体が起きてくれないのもこのことが原因です。

 

そこで早起きが辛いというお悩みがあれば、貧血対策に食生活の改善を行ってみましょう。鉄分とビタミンCを上手に摂取できるメニューを選んで、食生活の改善を図ってみれば、すぐにではありませんが、徐々に早起きも楽になっていきます。

 

レバーやひじきは鉄分が豊富なので貧血対策にはおすすめの食材です。ひじきやレバーが苦手であれば赤みのお肉も効果的に貧血を改善させます。

 

 

軽い運動を行うことで血流も活発にしていく

 

 

また軽い運動を行うことで血流も活発にしていくことも早起きをしやすくさせる身体作りには最適です。あくまでも身体に負担をかけ過ぎないような心地よさを感じる運動を行いましょう。

 

貧血はなりやすい体質もありますが、食生活の改善でかなりカバーすることができます。

 

また無理なダイエットは貧血の原因になりますから、もっと心地いいダイエット方法を実行してみましょう。一か月に2キロ落とすくらいのゆったりとしたペースなら、体調を崩す心配がありません。

 

そこで早起きして、軽い運動を行って、栄養素のバランスが取れた朝食をいただくという生活リズムを作ってみませんか。

 

早起きも実践できますし、次第に貧血も改善します。