不眠症気味の人ほど早起きを

不眠症気味の人ほど早起きを

 

不眠症は深刻な悩みです。不眠症といっても熟睡できないタイプ、短時間しか眠れないタイプ、長時間眠っても眠った満足感がないタイプといろいろです。中にはこれらのタイプが複合的に重なっていて、不眠症を悪化させている場合もあります。

 

精神的な問題で不眠症に陥っているとしても、その精神的な問題がクリアされればまた安眠できるなら問題はないのですが、精神的な問題がクリアされても不眠が続く場合は実際には専門医に相談したほうが良いでしょう。

 

しかし自分なりに熟睡させる方法も知って、実行することも不眠症から脱出するためには覚えておきたいことです。

 

その不眠症から脱出する方法が早起きです。眠れないのに早起きをするなんて、とお考えになるかもしれませんが、まず生活リズムをリセットさせ、朝の光を浴びることでメラトニンを徐々に増やし、熟睡できるような身体を作っていくわけです。

 

 

1週間続けてみる

 

 

この早起きが最初は苦痛かもしれませんが、ここでちょっと頑張ってみましょう。早起きして、軽く運動を行うのもリセットのために効果的です。すると身体も脳もだんだんはっきりしていきます。

 

また昼間、睡魔に襲われても、軽い運動などで紛らわせ、心地よい疲労を自分に与えてあげてください。心地よい疲労も安眠のためには効果的なものです。

 

1日目はうまくいかないかもしれませんが、1週間続けてみると、自分をうまく熟睡させられるようになります。もしも短時間しか眠れなくても、熟睡した実感を得られるようになります。

 

身体をリセットさせ、脳もリセットさせるには1週間が目安です。ちょっと1週間だけでも熟睡を得るために頑張ってみませんか。それだけでも、かなり睡眠の質が変わり、満足感のある睡眠を得られるようになります。