不眠スパイラルは早起きで抜けられる

不眠スパイラルは早起きで抜けられる

 

長い間、夜型生活を行っていると、どうしても不眠に陥りやすくなります。これは身体のリズムがそういう生活パターンに順応しているので、仕方ないともいえますが、徐々に身体のリズムが狂い、不眠に陥るのです。

 

そこから抜け出すためには、自分から生活リズムをリセットさせないと、不眠から抜け出すことができません。

 

抜け出す方法になるのが早起きです。不眠スパイラルを断ち切る方法では最も現実的なのですが、多くの方は「早起きは辛い」というイメージがあり、その「辛い」というイメージで実行することを自分で困難にしています。

 

これもまた負のスパイラルだと言ってもいいでしょう。こういった負のスパイラルは自分から断ち切らないと、いつまでも悩む羽目になります。ですから自分を立て直すといった意味でも早起きをあえて実行してみることが大事です。

 

不眠を熟睡と安眠に変えられるのは、自分自身です。その最高の方法になるのが早起きというリセット方法です。毎朝、さっと爽やかに目覚められるように自分を立て直したいのであれば、実行するしかありません。

 

 

自分で不眠スパイラルは断ち切ることができる

 

 

不眠スパイラルは誰かに断ち切ってもらうのではなく、自分から断ち切らなければいつまでも引きずってしまうものです。それでは一時的に眠れるようになっても、安眠が当たり前という結果にはならないのです。

 

まず自分の不眠を悩んでいるのであれば、悩む前に早起きを実行してみましょう。就寝前に起きる時刻を自分でも「ちょっと頑張り過ぎかな?」という時間に設定して、自分で朝のイメージを回復させるのです。

 

最初はうまくいかないかもしれませんが、早起きを行うという決意を持って実行に移せば、次第に不眠スパイラルからも抜け出すことができます。自分で不眠スパイラルは断ち切ることができるのです。