朝の光を浴びる意義

朝の光を浴びる意義

 

早起きの話で急に安眠の話になりますが、睡眠の質を良くするために必要な物質がメラトニンです。このメラトニンは加齢が進むにつれ、どんどん減少し、結果的には不眠気味に陥らせてしまうという結果を生みます。

 

このメラトニンをどう増やしていくかも、上手に安眠を行うためには欠かせないといえます。ではどうやってメラトニンを増やせばいいのか、といいますと、最も効果的なのは朝の光を浴びることです。すると一気に効果は出ないのですが、次第にメラトニンを増やせるように身体が変わり、不眠を解消できるのです。

 

不眠にお悩みであれば、辛くても早起きを行い、朝の光を浴びてみましょう。すると夜に質の良い睡眠を次第に得られるようになります。そうなると早起きが習慣になって、生活リズムも正常化するわけです。

 

夜型で生きていると豪語している方もいますし、仕事の関係で夜働き、昼間眠るという生活リズムの方でも、朝の光を浴びるようにしたいものです。

 

多少、生活リズムが違っていても、朝の光がメラトニンを増やすことは間違いありません。メラトニンの量で睡眠の質は変わります。不眠や熟睡が難しいというお悩みがあればなおさらです。

 

 

朝の光を浴びてメラトニンを増やす

 

 

早起きを行う意味は朝の光を浴びてメラトニンを増やす意味もあるのです。また朝特有の空気の新鮮さを楽しむことも十分、気分をリセットさせてくれますから、どんな方であってもこのリセット方法を行っていただきたいものです。

 

不眠に悩んでいる方は今では大多数を占めています。そのために睡眠導入剤に頼ったり、寝酒と称してお酒に頼る方も少なくありません。

 

このような方法に頼らなくても、安眠できる方法があるのです。それが早起きを行い、朝の光を浴びることです。最初はなかなかうまくいかないかもしれませんが、少しずつでも始めてみましょう。