本当に太っているのかも考えよう

本当に太っているのかも考えよう

十分、やせているのに、まだ「やせたい!」と思って、やせるための努力を惜しまない女性は多いですよね。

 

ほとんど折れそうな身体であっても、まだやせたがるのは、自分の体型を客観的に把握していない証拠です。

 

どうしてそうなってしまうのか、といえば、洋服のサイズが最近は細身になっているので、十分にやせていても、その洋服がぴったりして、自分が太っていると勘違いしやすいせいもあります。

 

でももっと自分の身体を客観視してみれば、やせているのではなく、やつれている、と気が付く方もいるでしょう。

 

つまりダイエットを過剰にしていて、結果的に「やつれる」という位置に自分を置いているのです。

 

男性でも同じことが言えます。やせている、あるいは「体型が細い」のは体質や個性ですが、強引に自分の体型や体重を世間の言う「理想」にはめ込むのは、健康を害したり、逆に体型を崩す原因になります。

 

理想的な体型とは?

 

そもそも男性でも、女性でも、体型が美しく見える基本になるのはメリハリです。無駄な肉をそぎ落とすのではなく、メリハリをうまく作るようにダイエットを進めていけば、やつれることは起こりません。

 

そのためには極端な食事制限を行って、体重を落とすよりも、適度な運動を行うほうが、やせやすく、太りにくい身体に変わります。

 

筋肉が多いと体重は見た目より重くなりますが、見た目の美しさは勝りますから、結果的には美しい身体を手にできるでしょう。

 

体型にうまくメリハリを作るには、やはり運動で鍛えることは欠かせません。筋肉が適度についていれば、「やつれる」という事態にならず、見た目は引き締まって見えますし、結果的にはやせてみえるわけです。

 

もしも「やせたい!」と思っているなら、まず自分のサイズが細いことだけを自慢するのではなく、鏡で見た自分の体型のメリハリを確認しましょう

 

食事制限より、運動を必要としているかもしれませんよ。