太っている自分を否定しない

太っている自分を否定しない

ダイエットを行うにあたって、絶対に守らなければならないことは、今の自分を否定しないことです。

 

太っている自分を否定すると、ダイエットは健康的に行えません。

 

今の自分をどうしたらさらに良くできるか、という発想でダイエットを行わないと、やつれるだけではなく、精神的に病んでしまう危険があるからです。

 

やせているきれいな人を素敵だと思うのはいいのですが、今の自分が太っているからきれいではない、という考え方はやめましょう。やせていけばきれいになると思っていても、今の自分がダメだというわけではないのです。

 

精神的にやつれると、美しくなることや健康になることではなく、ただやせることだけが目的になってしまいます。それではダイエットは不健康になるばかりです。肉体的な意味だけではなく、精神的な意味でも、健康だとは言えないでしょう。

 

自己肯定から始まる

 

そこで一念発起してダイエットを決意したら、まず今の自分もきちんと認めてあげることを忘れてはいけません。やせるための第一歩はやつれないために、今の自分を肯定することも大事だからです。

 

やせるのであれば、やつれるのは避けたいですし、やはり美しいボディラインに変身したいという目標を掲げましょう。また髪や肌、爪まできれいにキープさせながらやせていける工夫も大事です。

 

太っている自分を卑下するのではなく、これからきれいにやせていける可能性を持っていると考えましょう。部分やせは難しくても、今の脂肪を上手に残せば「デブ」ではなく、「グラマー」になれる可能性だってあります。

 

きれいになるためにダイエットで余計な脂肪を落とすという発想を忘れてはいけません。今の自分の体型をきれいに変えるのがダイエットという方法なのです。

 

やせるダイエットは自己否定から行うのではなく、自己肯定から始まるのです。