血流が悪いときの対処法

 

血流の悪さを実感しやすいのは冷えを感じているときです。冷たい感触であるということは、血行不良に陥っている可能性もあり、早目に対処しておきたいものです。

 

末端の冷えが血流の悪さを表しているわけですから、素早くこの血液の流れの悪さを解消する対処としては簡単なのは運動することですが、それだけではうまく流れない場合もあります。マッサージでもうまくいかないことがあります。

 

この場合は温めてあげることが先決です。

 

温め方も使い捨てカイロや靴下、手袋で温めるだけではなく、内部を温めることで、うまく血液が流れ始め、血流がアップします。

 

方法としては身体を温める食材を暖かい飲み物で摂ることです。生姜をすってはちみつを加えたお湯は効果的に身体を温めて、血流をアップさせます。またホットココアも身体を効率よく温める飲み物です。

 

 

運動だけではない対処も重要

 

 

血行不良が末端で起こっている場合、辛さも冷えだけではなく、しびれが伴う場合もありますので、上手に対処しましょう。

 

内部の冷えで血行不良が起こっている場合は冷えを蓄積させない生活習慣を心がけることが、対処を行う以前に重要になってきます。筋肉質でも冷えを蓄積させている方も少なくはありませんから、運動だけではない対処も重要になってきます。

 

身体の内部が血流の悪さで冷えていけば、当然、肌も美しさを損なっていきますから、やはり肌の健康の面でも冷えは解消し、血流はアップさせておくべきです。

 

血行不良は思っているよりも深刻に受け止めるべきだと考えておくと、健康も維持できますし、結果として美肌が保てます。

 

美肌はあくまでも健康を維持している印でもあり、スキンケアだけで守れるものではないのです。

明け方型こむら返り…痛い!怖い!不安! の方へ