スキンケアの時間にも血流を意識して

 

スキンケアの時間は外側からの肌のお手入れというイメージを漠然とお持ちかもしれませんね。

 

とはいえクレンジング後の洗顔を終えてから化粧水で肌を整えてからでもできる血流アップの方法があります。それは美容液やクリーム、乳液をなじませる際に軽くマッサージしてしまう習慣を付けることです。

 

洗顔の場合は泡に汚れを吸収させるように行うことが基本ですし、すすぎもこすることは厳禁です。そのため泡でマッサージという方法だと汚れが落としにくくなるので、あまりおすすめできません。

 

化粧水で肌を落ち着かせてから、美容液を使ったり、乳液を使ったり、クリームを使いますよね。このときがマッサージのチャンスです。なじませていくことでマッサージが行われ、血色が徐々に良くなれば成功です。

 

マッサージのためにスキンケアの時間を割くことも血流アップには効果的ですが、意外と面倒になってしまいますよね。しかし通常のスキンケアでごく軽くマッサージを行うようにしてなじませる方法なら、日常的に血流をアップさせるお手入れが可能です。

 

 

スキンケアでも血流を意識して行う

 

 

マッサージの基本は指先に力を入れないで、内側から外側に向かってくるくると円を描くように行います。あくまでも軽く行ってみましょう。

 

短時間でも肌への刺激は心地良いものですし、血流も促します。毎日のスキンケアでも血流を意識して行うと、効果が変わってくるのです。

 

このマッサージなら面倒ではありませんし、さらに化粧品の肌のなじみも良くなるというメリットもあります。血流をスムーズにするポイントは毎日少しずつでも回復させることなのです。

明け方型こむら返り…痛い!怖い!不安! の方へ