血液が運ぶものはあれこれある

 

日常的にそのものを見る機会はあまりありませんが、血液は生きている間は休みなく流れています。血液の流れがスムーズな状態であることは健康のバロメーターでもあるのです。

 

血液は酸素や熱を運んだり、栄養素を運んだりする重要なものです。身体の隅々まで酸素や熱、栄養素を運ぶ役割があるからこそ、生きていけるともいえます。

 

このことを考えれば、血流が良いことで困ることはないと言っても過言ではありません。

 

理由は血流が悪くなれば、さまざまな内臓や器官に悪影響を及ぼし、異常をきたしますし、実は美肌を維持するためにも大敵なのです。

 

肌と血流の関係があまり頭の中で結びつかないかもしれませんが、肌の色はメラニン色素だけではなく、流れている血液の色が透けて見えていることで成り立っています。ですから血流が悪ければ肌の色も好ましくなくなってしまうのです。

 

 

血液は考えているよりも重要な働きを行っている

 

 

また肌に栄養素を届けてくれるのも血液のおかげです。血流が悪くなれば、それだけ肌に栄養素が回らなくなるので、肌のコンディションも悪化します。外側からのスキンケアだけでは美肌はキープできないのです。

 

美肌を維持するためには血流で運ばれるさまざまなものを十分に吸収することも欠かせません。また肌のターンオーバーを行うエネルギーもまた血液で運ばれるもので行われるわけですから、血流の良さが支えている部分も大きいと言えるでしょう。

 

寒気がすれば青ざめてくるのは血液の流れが悪くなったからですし、体調が悪いときも血流はスムーズにいかなくなってしまいます。

 

健康は美容の基礎と言いますが、その基礎の一部であり、大きな役割を果たしている血液は考えているよりも重要な働きを行っているのです。

明け方型こむら返り…痛い!怖い!不安! の方へ