血色の良さで印象が変わる

 

あまりメイクが好きではないし、スキンケアも敏感肌過ぎてアイテムを選ぶのに手間がかかるためおろそかになっていたという女性が40代を迎えるあたりから一気に自分の肌の衰えに驚いたという話を聞くものです。

 

多くの女性はスキンケアを最低限にしていても、現在の化粧品の品質の良さや栄養状態の良さで40代を迎えるまではある程度若い肌をキープできます。ただし不摂生やお手入れ不足の場合はやはり肌の老化を免れません。

 

肌が老化するのは当たり前なのですが、スピードは自分の努力次第で遅らせることが可能な時代です。だから自分の肌の衰えに慌ててしまうものなのかもしれませんね。

 

自分の肌の衰え自体は受け入れても良いものですし、受け入れたあたりから新しい美肌の概念を獲得することも可能です。とはいえ若い肌と年齢を重ねた肌でも共通する美肌の条件があることも知っておくべきでしょう。

 

それは血色の良さと透明感です。

 

このいずれもが肌の血流の良さによって生まれているものですから、年齢を重ねた肌であっても、血流をスムーズにさせるためのお手入れを行うべきだと言えます。

 

 

メイクを行う際にはチークをお忘れなく

 

 

メイクにしてもマスカラやつけまつげで目元を強調するより、肌のベースメイクにチークをほどよく加え、血流のスムーズさを感じさせるほうがおすすめです。

 

この方法ですと、意外と若々しい印象になりますし、全体的にメリハリも生まれます。さらに若々しさを醸し出し、透明感を出したいのであれば、チークはツヤ感のでるものが肌をみずみずしく見せてくれるのでおすすめです。

 

またツヤ感やメリハリは血流の良さを感じさせるものでもあります。

 

スキンケアは敏感肌向けのものを最低限にするにしても、メイクを行う際にはチークをお忘れなく!

明け方型こむら返り…痛い!怖い!不安! の方へ