血色の良さがアピールするもの

 

血流が良くなってくると、頬を中心に肌色が赤くなりますよね。逆に血流が悪くなると、顔色自体が悪くなってしまいます。

 

ですから顔色を良くするために頬にチークパウダーなどを使ってメイクを仕上げている方も多いのではないでしょうか。

 

この血色の良さを意味し、アピールしているのは、まず健康であること、そして若々しさです。考えてみれば子供の頬は健康的な赤さを持っていますよね。特に元気な赤ちゃんの頬の色はとてもきれいです。

 

ですからチークを使う意味は無意識に自分の若々しさや健康をアピールしていると言っても過言ではありません。単にメイクのバランスを整える意味だけではないのです。

 

中には肌のコンディションも良く、さらに血色も良いので、チークを頬に入れる必要がない方もいます。こういう方は血流がスムーズで、健康であると判断しても良いというわけです。

 

 

若々しさと健康をアピールできるのが血色の良さ

 

 

若々しさと健康をアピールできるのが血色の良さですから、病弱そうな雰囲気でたおやかさをアピールしたいとき以外はチークを使用したほうが良いですね。

 

ただ病弱を装うのはいいのですが、本当に病弱である場合は健康を目指すため、食生活の見直しをしたり、適度な運動で体力を養うことをおすすめします。まず血色の良さや血流の良さは外側からだけのケアでは完璧に回復できないからです。

 

顔色の悪さの原因は貧血であることも多くありますし、貧血も甘く見ていると思わぬしっぺ返しがきます。同じように血色が悪くなる冷え性も同じです。血流が悪いことは健康面だけではなく、美容の面でも損をしますから、早目に治すことも良い方法です。

 

メイクでカバーすることだけではなく、身体の中に流れる血液の流れも考えることで、若々しい美肌が完成するのです。

明け方型こむら返り…痛い!怖い!不安! の方へ