血流の良さが美肌支える

 

メディアが「病弱顔」を流行させようとしていますが、好感度の高い肌はやはり血色がよく、ハリがあって、うるおいを感じさせる健康的な顔です。青白い肌であっても、透けて血色の良さを感じさせる肌であれば、美肌だと言えともいえます。

 

実際に血色のいい方の肌は多くの場合、美肌です。理由は血流の良さが深く関係しています。血液が皮膚まで十分な栄養素を届け、さらに代謝を正常化させているので、結果的に美肌なのです。

 

メイクで肌の質感を変えるにしても、血色の良さをカバーするだけでも、十分肌色は美しくなりますし、ハリやつややかさという肌を美しく見せる要素があってこそ、質感も理想的になれるのです。

 

基本的な肌色に青みがかっていても、黄色寄りであっても、基本的に血色の良さは肌を美しく見せます。血流が肌を支える部分は大きいからです。それだけ血液は重要なものを身体の隅々まで送り続けているということも理解しましょう。

 

 

肌が衰える理由は代謝が衰えるから

 

 

肌の美しさを守るのがうるおいなら、支えるのは血流です。この2つの軸が良い状態であれば、健やかな美肌を維持できるのです。これは年齢を重ねても変わることがありません。

 

年齢を重ねていくと肌が衰える理由は代謝が衰えるからなのですが、血流を正常化させておけば、年齢に沿った美肌になります。これもエイジングケアとして覚えておきたいことです。

 

スキンケアだけで美肌を維持することは実際に困難なのです。なんといっても肌は内臓の鏡であるという一面があり、その内臓を正常に働かせる栄養素を運ぶのが血液だからです。

 

皮膚が人体で最大の臓器だという認識を持ち、さらに血流が美肌を支えるという観点も持っていれば、どうお手入れをするかも見えてきます。

明け方型こむら返り…痛い!怖い!不安! の方へ