ウォータープルーフものを上手に使う

ウォータープルーフものを上手に使う

 

汗と皮脂が増えるシーズンに活用すると便利なのはウォータープルーフのアイテムです。汗や皮脂で崩れませんし、きれいな仕上がりが持続するので非常に便利なので活用したいものです。

 

ただしウォータープルーフで選ぶべきアイテムと通常のアイテムにしたほうが良いものがあることも頭に入れておきましょう。

 

例えばUVカット剤やUVカット効果のあるファンデーションは基本的にアウトドアのようなレジャーを楽しむときではない限り、ウォータープルーフを選ぶことはおすすめしません。

 

理由はUVカット剤は3時間ごとに塗り替えないと意味を果たさないので、崩れにくいウォータープルーフを使うと、確かにメイクは汗や皮脂で崩れなくても、肝心な紫外線対策が十分にならないからです。また思っている以上にウォータープルーフのUVカット剤やファンデーションは肌に負担をかけます。

 

むしろ肌メイクに関して言えば、多少、汗や皮脂で崩れやすくてもウォータープルーフではないほうが普段使いにはおすすめです。

 

 

クレンジングは念入りに

 

 

ただアイブロウやマスカラのようなポイントメイクは汗や皮脂で崩れたら、修正が面倒というパーツもあります。こういうポイントメイクはウォータープルーフがおすすめです。

 

特にマスカラはウォータープルーフを選んでおくと、にじみを防げます。皮脂によるにじみが不安であれば、マスカラを使って乾かしてから、マスカラコートを利用すればいいですね。

 

まず汗と皮脂の対策をうまくウォータープルーフものを使用することで、汗による崩れに神経質になる必要がなくなります。

 

アウトドアのようなレジャーを楽しむときとデイリーなメイクで過ごす場合は、アイテムを上手に切り替えましょう。ただしクレンジングは念入りにしてくださいね。