水分補給と汗の関係

水分補給と汗の関係

 

汗をかくことが苦痛ではない場合であっても注意しなければならないことがあります。それは脱水症状です。汗をかくということはそれだけ体内から水分が出て行ってしまい、正常な水分量から不足して、水分不足に陥ってしまうからです。

 

熱中症もこのことが原因で起こります。

 

汗との上手なつきあい方はいうなれば水分補給を上手に行うことも大事なことになっているので、上手に水分補給を行いましょう。

 

目安になるのはのどの渇きを感じたら、すでに身体の水分量は不足しているので、こまめに少量ずつ飲むことです。この水分補給ではカフェインを含まない飲み物が好ましく、夏の風物詩ともいえる麦茶は効果的にほどよく身体を冷やす効果と水分補給が行え、まさしくおすすめの飲み物です。

 

とはいえ麦茶ばかりでは汗によって失われた塩分などが補えないという弱点があります。

 

 

自分で補えることは補うということが大事

 

 

おやつに梅干しを食べることで疲労回復に効果的なクエン酸と不足し始めた塩分を補給できますが、もっと簡単に脱水症状を防ぐためにはスポーツドリンクを飲むということもおすすめの方法です。

 

スポーツドリンクは糖分が多いとはいえ、塩分もほどよく含んでいて、しかも体内に吸収されやすくなっています。ですから主流は麦茶やミネラルウォーターを飲むにしても、合間を縫ってスポーツドリンクを飲むと、汗で失われた塩分を補えます。

 

汗とのつきあい方は自分で補えることは補うということが大事です。スポーツドリンクの味が嫌いな方は梅干しとレモン、ハチミツで好みの味に仕上げる特製ドリンクを作って飲むという方法もあります。

 

自分なりに水分補給は工夫して補う感覚で行いましょう。