熱中症には要注意

熱中症には要注意

 

暑くなってくるシーズンで注意しなければならないのは熱中症です。汗をかいて必死に身体が正常な体温を保とうとしても、それの上を行く温度と体内から水分が失われていくことで起こります。

 

熱中症が起こると、顔色が赤くなり過ぎたり、逆に青くなることもあります。その時期まではさほど自覚症状がありませんが、震えが起こりはじめたら、かなり危険な状態です。

 

特に子どもや高齢者は体温調節がうまくできないため、熱中症が起こりやすい傾向があります。暑くなるシーズンでは子どもや高齢者は熱中症に注意しなければなりません。

 

そのためには上手に汗をかくことと水分補給を適切に行うこと、発汗を促す反面、気温が上昇している時期はエアコンなどで室温を調節することも、熱中症を予防することになります。

 

老齢者の方の中にはエアコンを嫌う方も多くいらっしゃいますが、エアコンと扇風機をうまく使うことで、エアコン特有の冷え方を避けることができます。

 

 

水分補給を怠らないこと

 

 

またさらに熱中症を防ぐためには水分補給を怠らないように、汗をかく前に飲む、という感覚でこまめに飲むことも大事です。自分では発汗した意識がなくても、暑いシーズンは汗は無意識にかいていますし、身体の水分は損なわれているからです。

 

体内の水分が不足していたら、正常に発汗できなくなるので、やはり熱中症のリスクが上がります。顔色に変化が出てからでは対処に手間がかかったり、危険な容態に陥るケースもありますから、水分補給をこまめに行いましょう。

 

汗を上手にかくこと、そこに汗を出させても身体の水分が十分なように水分補給を怠らないこと、エアコンなどを上手に利用することが熱中症を避けるポイントです。

 

まず自分の体力を過信せずに、汗とつきあうことも大事なのです。