夏こそ保湿の真実

夏こそ保湿の真実

 

夏は比較的に肌のコンディションが安定している時期がと言われています。理由は湿度の高さと気温が肌の温度もあげ、血流が良くなるためです。

 

とはいえ現代では熱中症対策にエアコンを利用する施設も多いですし、オフィスなら熱中症対策だけではなく、使用しているパソコンのためにもエアコンを使用します。

 

つまり汗をかいても汗とともに肌の水分も蒸発するというわけです。ヨーロッパを夏に旅行した経験がある方ならご理解いただけるでしょうが、汗をかいても肌がさらっとしたままで、快適ではあるのですが、どんどん乾燥していくということが今は日本でも起こっています。

 

ではその夏ならではの乾燥をどう乗り切るかといえば、汗とのつきあい方を上手に行うとともに、保湿ケアを充実させることです。肌の負担がかからない、また快適な肌をキープするように夏の保湿は軽いものがおすすめです。

 

 

保湿ケアを優先させる

 

 

とはいえローションパックだけでは肌の水分はどんどん逃げていきます。

 

そこで使い心地の軽い乳液やクリームを仕上げには使用することを忘れないでください。今は使い心地が軽いものも多く、快適に保湿ケアを実現できます。

 

さらに汗をかいた後も肌は乾燥しやすいので、やはり保湿を忘れないことは夏のスキンケアの基本だというべきですね。美白も確かに重要ではありますが、夏こそ保湿がそれからの美肌を約束します。

 

日焼けしてしまった場合もすぐ美白ケアをおこなうのではなく、保湿ケアを優先させるようにすると、実際には肌色は早めに回復しますし、さらにその後に行う美白ケアも効果を発揮しやすいのです。