緊張感で出る汗をどうしよう

緊張感で出る汗をどうしよう

 

重要な仕事のプレゼン、会議、スピーチなどで暑くないのに汗が出て止まらない。

 

そんな経験をしたことはありませんか。実は自律神経の関係で極度の緊張感にさらされると、人間は汗をかいてしまいます。特にわきの下のような神経が集まってる部分に汗をかくので気になってしまいがちなのです。

 

こうした緊張感で出てくる汗を止める方法は?といいますと、胸のあたりを圧迫しておくという方法がありますが、効果は個人差があって、ある方もいればない方もいます。ですから緊張感を強いられる際にブラジャーをきつく締めても息苦しくなるだけなので、あまりおすすめしません。

 

そこでおすすめなのは、ほどよく自分をリラックスさせることです。

 

リラックス方法はハーブティーを飲んだり、軽くストレッチをして身体をほぐしたり、ちょっと気分が楽になる軽い読み物を読んだり、とそれぞれ自分に合っている方法を行ってみましょう。

 

汗をかかないためという目的だけではなく、気分をほぐして、気楽に振舞えることで、重要なプレゼンも上手にできるでしょう。

 

 

周りはさほど気にしていない

 

 

汗対策としては予防の意味を込めて、汗わきパッドの利用や汗を蒸発させる機能を持ったインナーを着ておくという方法を取るのが賢明です。こうしたものを利用しているから大丈夫、という安心感があれば汗をかいても平気、と感じられるでしょう。

 

安心感が用意されていると、意外と緊張感の汗をかかないものです。またそれでも顔や手のひらに汗をかいても、多くの周りにいる方々は「それだけ頑張っているんだな」と思ってくれるものです。

 

緊張感の汗は予防とリラックス、そして周りはさほど気にしていないことを知っておけば、気になるものではなくなります。