汗が流れていても肌は乾く

汗が流れていても肌は乾く

 

日本には四季があり、気温の変化、湿度の変化が1年を通して起こります。その中でも夏は気温が高く、湿度も高いため、汗が流れることになります。

 

この湿度の高さはいうなれば、温度と湿気によるマッサージが普段から肌に行われているのと同じで、春に滞っていた肌の問題が夏の気温と湿度で解消されます。この四季での気温と湿度の変化で日本女性の美肌は作られていると言ってもいいでしょう。

 

とはいえ汗が流れ落ちることによって、メイクが崩れやすくなって、面倒な季節でもあります。夏は肌のコンディションが基本的にはいいのですが。汗がメイクを崩してしまうので、困ってしまう方も多いのです。

 

 

夏の肌も乾燥しやすい

 

 

さて気温と湿度で肌のコンディションは良くなりますが、汗で肌がしっとりする感覚があるのも夏の肌の特徴です。

 

しかし汗が肌に水分を与えるわけではありません。皮脂がほどよく出ても、理由は汗で肌の水分は蒸発し、むしろ肌は乾燥に傾きやすくなります。すると肌を守るため、皮脂が多く出るようになってしまうのです。

 

ですから夏の肌は一見、コンディションが良いのですが、そこでお手入れを怠ると、秋を迎えた時期から乾燥によるトラブルを起こしやすくなってしまいます。

 

その秋の肌トラブルを回避するためには、汗のトリックに騙されないこと、基本的に現代の生活環境では夏の肌も乾燥しやすいことを頭に入れておきましょう。つまり皮脂を抑えるスキンケアより、汗が出ていても保湿を怠らないことに留意します。

 

一見、汗で肌はしっとりした感触になりますが、エアコンや紫外線は確実に肌を乾燥させます。この部分も頭に入れてどうスキンケアを行うかも考えておきましょう。すると皮脂もほどよい量に落ち着きます。