汗でかぶれる人もいる

汗でかぶれる人もいる

 

汗をかくことを嫌う方の中には単にニオイが気になるだけではなく、肌にトラブルが起こるから、という方もいます。つまり自分の汗でかぶれてしまうわけです。

 

その肌トラブルは重い場合はかゆみを伴った湿疹となって現れたり、水虫のように皮膚が剥けてしまう場合もあります。

 

かゆみを伴った湿疹が汗によってできてしまう体質の方は皮膚科専門医に速やかにかかって、治療を受けるしかありません。皮膚が剥けてしまう体質の方も同じです。

 

また汗だけではなく、紫外線もかぶれる要因を悪化させますので、汗でかぶれる体質の方はこまめに汗を拭き取ったり、洗い流したり、UVカット剤をこまめに塗り直すなどの工夫も大事です。また紫外線を防げる素材の衣類や手袋を利用してもいいですね。

 

なお汗をかいた後の肌はしっとりしているようでいて、実際には乾燥していきます。これもまた汗によるかぶれや肌トラブルを悪化させる要因になります。

 

そこで汗を洗い流したら、保湿を行うことも忘れてはいけません。この保湿を行うだけでも、かなり肌の抵抗力は高まります。

 

 

肌トラブルを起こしやすい方は保湿で肌を強化する

 

 

乾燥は肌トラブルを引き起こす要因になりますし、また汗も過度にかいていると、肌の水分を奪って蒸発するからです。そのため汗との上手なつきあい方の中に拭き取る、洗い流す、というステップに保湿も加える必要があります。

 

紫外線のダメージを考え、対策をしっかり取っているのですから、汗をかいた後の肌のケアもしっかり行ってあげましょう。そのケアの基本が保湿です。

 

汗をかいていても、肌は乾燥に傾きがちなのですから、オイリーな肌質の方でも、保湿は重要です。特に汗によるかぶれなどの肌トラブルを起こしやすい方は保湿で肌を強化するしかありません。