冷えない汗のかき方

冷えない汗のかき方

 

汗はもともと体温を適正に保つためにあります。ですから暑さで体温が上昇しすぎた場合には出てきて、効率よく身体を冷やすというわけです。

 

とはいえ現代ではエアコンが完備され、汗で体温を下げたところに冷風が吹き付け、一気に身体が冷えるという悩みもありますよね。特にオフィスでの内勤が多い方にとっては出勤で汗をかいた後、オフィスの冷気は冷えを蓄積させる悩みです。

 

ここでもつきあい方にコツがあって、汗をかいたら着替えるという古典的な方法が最も冷えには対処できます。

 

単にカーディガンやひざ掛けで暖かさを得るだけではなく、着てきたブラウスなどをこっそり仕事の前に着替えておくという方法です。またストッキングに靴下をプラスしても良いですね。

 

古典的ではありますが、これですと汗で冷えた衣類でさらに身体が冷えることは避けられますし、嫌なニオイを防ぐ効果も期待できます。また着替えたことで、気分もすっきりして快適に過ごせるはずです。

 

 

冬用の保温インナーを使用しない

 

 

夏の衣類は薄手ですから、バッグの中でかさばりませんし、洗濯してもすぐに乾きますから面倒でもオフィス用に着替えるようにしてみましょう。冷えない汗のかき方はこういうちょっとした工夫でいいのです。

 

なお汗を吸い取った衣類は嫌なニオイを発しやすいということもあり、注意しなければなりません。その際に便利なのは密封してくれるジップが付いたビニール袋です。これも用意しておくことをおすすめします。

 

注意したいのはこの着替えをいくら冷えるからといって、冬用の保温インナーを使用しないことです。このタイプのインナーは熱をこもらせるので、逆に汗をかかせる原因になってしまいます。