汗は拭き取ることが肝心

汗は拭き取ることが肝心

 

汗を嫌う方の多くの理由は肌がべたつくことだけではなく、ニオイが気になるからではないでしょうか。

 

ところが汗そのものは無臭です。どうして汗に嫌なニオイが出るのかといえば、皮脂や雑菌と混ざり合った結果、ニオイが出てしまうからです。ですから汗のニオイが気になって仕方ない方は汗をこまめに拭き取るしかありません。

 

ですから汗をかきっぱなしにしないように注意すれば、嫌なニオイも防げるというわけです。

 

制汗剤を利用する方法もありますが、頻繁に肌につけていれば肌の弱い方の場合、荒れる原因になりますし、きちんと落とさないでいれば肌トラブルの原因になってしまいます。そこで制汗剤を使う場合も注意しながらが、上手な汗とのつきあい方です。

 

今は拭き取るだけで汗のニオイを抑えてくれるシートもあり、これを上手に活用することもニオイ対策になります。また本来、無臭の汗をそのまま吸い取ってから、蒸発させてくれる上に、着ているほうが涼しく過ごせるインナーウェアを利用することもおすすめです。

 

 

無臭であるうちに汗を拭き取る

 

 

無臭であるうちに汗を拭き取ることで、ニオイは嫌なものになりません。汗を完璧に抑えるのではなく、上手につきあうことで肌も荒らさず、またストレスにならないようになるのです。

 

汗を嫌うよりも、いかに汗をかくシーズンに快適に過ごせるかを考えるようにしてみましょう。それに汗をかくことによって、身体の働きが正常に保たれているわけですから、その部分も受け入れることが大切です。

 

絶対に避けたいのは汗をかくからと水分補給を控えることです。すると身体は正常に働けなくなってしまいますし、肌も好ましいコンディションを保てなくなります。

 

拭き取れば済むことなのですから、ちょっと手間をかけましょう。