汗じみはどう対処する?

汗じみはどう対処する?


はっと気が付いたら、汗じみができていた!という場合、ショックですよね。基本的に1年を通して人間は無意識に汗をかいていますから、汗じみは洗濯を怠ればできてしまいます。特に襟元、わきの下、背中は汗じみのできやすい部分です。

そこで今、着ている服の汗じみ予防対策としては首回りはスカーフなどでカバーする、わきの下や背中は汗取りインナーを着ることでカバーする、という方法が現実的です。

スカーフなら手洗いで清潔に使えますし、汗取りインナーは着ていないよりも着ているほうが快適というものが増えている上、洗濯にも耐えます。加えて、汗取りインナーを着ていると、着ている間にできてしまう汗じみも防げるので、非常に便利です。

そのため予防対策としてこういう便利なものを活用するとともに、洗濯をこまめに行うという習慣をつけましょう。まずこまめに洗濯をしておけば、気が付いたときに汗じみができていたという事態になりません。


洗濯機で洗えなくても、手洗いなら対応できるものが多い



中には手洗いでなければならない衣類もありますが、これ汗じみを予防するためとこまめに行っておきましょう。ランジェリーを洗うときに一緒に行えば、さほど面倒ではありません。

ただしクリーニング店で専門的にお願いしなければならない衣類はお任せしましょう。そうしたほうは衣類の型崩れや縮みを防ぐことができます。これもおしゃれの経費と考えましょう。

ただし多くの夏の衣類は洗濯に耐えられる素材が多いものです。洗濯機で洗えなくても、手洗いなら対応できるものが多いので、汗を残さないためにも着たら洗う習慣をつけておけば、気になる汗じみは防げます。