汗が出る理由は体温調節

汗が出る理由は体温調節

 

暑くなってくるシーズンで女性にとって悩みになるのは汗です。汗ジミが気になる、メイクが崩れていくなど、あれこれ悩んでしまうことはたくさんあります。

 

とはいえ汗をまったくかかないことも危険なことです。

 

理由は汗をかくということは体内の熱を冷却させる意味もあり、汗でなんとか身体を適温に保つという体温調節の働きがあります。そのためまったくかかないのは便利かもしれませんが、身体には危険です。

 

そこで上手なつきあい方も考えることが暑いシーズンを乗り切るためには重要になってきます。体温が上がり過ぎれば参ってしまうと自分なりに納得させておくことも、汗とのつきあい方を上手に行う方法になるでしょう。

 

まず汗をかいたら拭うことは当然です。顔などはメイクをしている関係もあり、拭うというよりも押さえるほうが良いですね。予めウォータープルーフのメイク下地を使うのも良い方法です。眉はコート剤を使用しても良いでしょう。

 

 

汗取りインナーは着ているほうが涼しい

 

 

また汗ジミのできやすいパーツであるわきの下にはパッドを入れても良いですし、汗を蒸発させるスピードを上げる汗取りインナーを着ることでもかなり上手に汗とつきあっていけるでしょう。汗取りインナーは着ているほうが涼しいという効果もありおすすめです。

 

汗を嫌うのはやはりニオイが気になるということも大きいものですが、パッドや汗取りインナーはその悩みを解消してくれます。

 

体温調節のため、どうしても汗をかくことは欠かせないのですから、気分よくかくことを念頭に考えるのも良いつきあい方です。熱がこもってフラフラになって体調を崩すよりも、安心できると考えてみませんか。