本来は汗は無臭

本来は汗は無臭

 

大昔の豆知識のような本で「汗は尿と同じ」という記述がありましたが、現在ではそれは正しくはないと実証されています。つまり汗と尿に含まれているものは似ているものはあっても、完全に異なるものなのです。

 

とはいえ汗=嫌なニオイというイメージがあることは確かです。でもかきたての汗にニオイは無臭で、時間が経つと雑菌の繁殖で嫌なニオイが出てしまうという原理なので、汗をこまめに拭うのが最もニオイを防ぐつきあい方になります。

 

つきあい方ではこまめに拭う、あるいは抗菌効果のある衣類をインナーに着るということで汗は無臭を保てます。ただし肌に汗が付着したままではニオイの原因になるので、汗もきれいに拭き取ることは欠かせません。

 

 

抗菌効果のある仕上げ剤を使用する

 

 

制汗剤で汗を防ぐという方法よりも、雑菌を繁殖させない抗菌効果のある成分の含まれたシートでこまめに拭うほうが気分良く過ごせます。汗のニオイをカバーするためにしか制汗剤は役に立たないこともありますし、肌に合わない場合もあるのでこれは注意したほうが良いですね。

 

もしも制汗剤を使うならスプレータイプよりもシートタイプのほうが気分よく汗も拭えますし、さらに抗菌効果で嫌なニオイも立ちにくくなります。また制汗剤の香りで周りに迷惑をかけることもありません。

 

本来は無臭であっても雑菌の繁殖で嫌なニオイが出てしまう汗との上手なつきあい方は性質を知っておくことと、どう気分よく汗に対処できるかです。

 

また汗のしみこんだ衣類は洗濯する際に抗菌効果のある仕上げ剤を使用すると、汗の対処に役立ちます。こうしたことからも上手なつきあい方はあると言えるでしょう。