汗をかいたら冷えにも注意

汗をかいたら冷えにも注意

 

こんな経験はありませんか?

 

暑さで汗をたくさんかいてから、暑かったのは嘘のように冷えてくる、ということです。

 

これは体温調節がなされていても、過剰になってしまった結果だと言っていいですね。そのため上手に汗とのつきあい方を考える際には冷え対策も重要な課題です。

 

冷えは健康にも美容にも大敵なのですから、ある程度は自分で体温を適温に守るということを行うことも暑い季節の課題でもあります。

 

そこで冷えない工夫としては脱いだり着たりが簡単なカーディガンなどを用意しておくこと、さらに足元からの冷えに注意するため、着替えの靴下を用意しておくことです。この2つの対策は簡単ですし、実行している方も多いのではないでしょうか。

 

 

バスタイムで身体を温める習慣

 

 

またサンダルやミュールは夏ならではのおしゃれですが、冷えやすいという難点があります。そこで履いた日こそ、バスタイムで身体を温める習慣もつけるといいですね。するとむくみにも効果的です。

 

エアコンも熱中症対策に欠かせないものですが、利き過ぎもやはり身体に冷えを蓄積させる要因です。そこでエアコンのきつい部屋で長い時間過ごす場合は飲み物は温かいものを選ぶ、ひざ掛けなどを用意しておくということも良い方法です。

 

汗と冷えはセットと考えると対策も単純に汗をストップさせるとか、汗ジミができない工夫をするだけではないとお分かりになってきますよね。

 

用意しなければならないものはハンカチやハンドタオルに制汗剤だけではなく、冷えを回避するものです。汗との上手なつきあい方はそこもポイントになります。