上手に汗をかくと肌がきれいになる理由

上手に汗をかくと肌がきれいになる理由

 

夏や湿度の高いシーズンはベタベタするのは気になりますが、肌のコンディションが年間を通して良好な時期でもあります。日本女性の肌はきれいだと言われるゆえんは、この湿度で肌に適度なうるおいが与えられるからだと言っても良いですね。

 

またさらに言いますと、汗をかくシーズンは日焼けのトラブルさえ注意すれば、かなり肌をきれいに保てる時期でもありますよね。

 

その理由によく「汗を出すことで毛穴がきれいになるから」という意見がありますが、正しくはそうではありません。

 

理由は汗をかくということは体内から暖まっていて、内臓から代謝が良くなることで、内臓のコンディションの鏡である肌も同時に代謝が正常化し、きれいになる、というほうが正しい答えだと言えるでしょう。

 

ですから夏でも肌トラブルが起こりやすかったり、乾燥に悩まされている場合は冷えを疑ったほうが良いでしょう。冷えは美肌のためにも大敵なのです。

 

 

美容効果を実感できる

 

 

汗との上手なつきあい方は美容効果を実感できるというプラス面にも目を向けることです。汗が出てきたら体内に冷えも解消されつつあると考えておくと、嬉しいことが多くなってくるのではないでしょうか。

 

湿度でうるおいが与えられ、さらに内臓の冷えが解消されることで、肌の代謝が正常化する、だから肌はきれいになるという考え方を基本に置くつきあい方なら、汗を嫌うことにならないはずです。

 

確かに流れ落ちる汗はメイクを崩したり、煩わしい面もありますが、意外な効果が身体に出ているという表面からの表れなのです。

 

汗をかくことはいうなれば自分で勝手にエステを行っていると考えることも良い方法です。